2021年4月現在、弊社が提供しているサービスの95%はインターネット広告です。これまで弊社は「音楽プロモーション会社」というふわっとした打ち出し方をしていましたが、実態としてはもはや「音楽業界特化型のインターネット広告代理店」となっています。

今回は、弊社がレコード会社/音楽事務所に提供してきたサービスと実績の一部をご紹介します。

Gerbera Music Agency

 

<目次>
1:GMAが提供しているサービス
2:何が支持されているのか?
 └1. ファンベースを増やせる(特に海外ファン)
 └2. 広告効果を最大化させるためのコンサルティングを付随的に提供している
3:最後に

1:GMAが提供しているサービス

弊社が対応しているSNS広告/インターネット広告は以下です。

aboutGMA1

 

基本的には「アーティストが新譜をリリースした際のプロモーション施策」として広告キャンペーンを実施することが多いです。具体的に言うと、新譜を通じてアーティストの各種ファンベース(Spotifyのフォロワー、YouTubeのチャンネル登録者、Instagramのフォロワーなど)を増加させることを主目的とした広告キャンペーンです。「楽曲再生回数の促進」を目的とした広告キャンペーンを行うこともありますが、弊社としてはファンベース増加を目的に広告配信することをおすすめしています。

また、実際に配信することが多い広告は、多い順にInstagram広告、YouTube広告、TikTok広告となっています。Instagram広告は最もファンベース増をもたらすことのできる広告で、広告素材/ターゲティングがハマったときのパワーが非常に強力です。

aboutGMA2

なお、クライアントの内訳はレコード会社/レーベル:4割、音楽事務所:4割、ディストリビューター:1割、アーティスト:1割となっております。レコード会社/レーベル、音楽事務所からのご依頼が多くを占めます。1キャンペーンあたりの広告予算は20〜30万円あたりが最も多くなっています。

2:何が支持されているのか?

ありがたいことに弊社のクライアントは60社弱(2021年4月時点)と大幅に増えました。
継続的に発注いただけている理由は以下2点だと認識しています。

1. ファンベースを増やせる(特に海外ファン)
2. 広告効果を最大化させるためのコンサルティングを付随的に提供している

1については事例で説明します。例えば以下は弊社広告を通じてファンベースを拡大したキャンペーンです。

このキャンペーンではアーティストの配信デビューシングルのプロモーションをご依頼いただきInstagram広告を実施しましたが、結果としてSpotifyフォロワーが10,000人超、Instagramフォロワー/YouTubeチャンネル登録者も大幅に伸長し、東南アジア・南アジアで大きなファンベースを獲得しました。

このキャンペーンでは当初Spotify上陸済93カ国を対象としたInstagram広告を配信しましたが、特にインドでのファンベースが大きく伸びたため、クライアントと相談のうえで途中からインドに特化して広告配信しました。結果としてSpotifyのインド バイラルトップ50にチャートインすることができました。

aboutGMA5

このキャンペーンでは台湾とタイに特化してInstagram広告を配信し、特に台湾リスナーのフォロワーを多数獲得。最終的にSpotifyの台湾バイラルトップ50の1位にチャートインすることができています。

 

アーティストによって相性の良い国は異なりますが、基本的に日本人アーティストと相性良いエリアは東南アジア(台湾、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、シンガポール、香港、ベトナム)、南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ)が多い傾向があります。稀にロシアやトルコ、インド、スペイン、ドイツと相性が良いアーティストもいますが、少数です。広告を通じてアーティストをフォローした海外リスナーのなかにはミュージックビデオやInstagramにコメントを残していく人も多く、いきなり海外リスナーからのコメントがつきはじめて驚くアーティストもいます。

このように、リスナー増加を定量的・定性的に実感いただけることが継続的な発注に繋がっているのではないかと考えています。

その他、弊社の付加価値として、広告効果を最大化させるためのコンサルティングを行っていることも挙げられます(一般的に広告代理店が提供するサービスは広告の運用とそのレポートのみ)。弊社のゴールはご依頼いただいたアーティストのファンベース増加なので、これを実現するために必要なアドバイスは随時行っています。

例えば以下が挙げられます。
・成果の挙がる動画素材を作成するためのサポート
・クライアントが楽曲デリバリーを誤ってしまった際のリカバリー
・Spotify for Artistsの登録サポート、Spotifyプロフィールページの編集代行、Spotify編集部へのピッチングのサポート、アーティストのディスコグラフィープレイリストの作成代行
・ミュージックビデオの英語対応、英語検索対策サポート

参考1:【コラム】YouTubeの活用方法を理解する -アルゴリズムの構造を掴む-
参考2:【コラム】Spotify for Artistsの活用方法を深く理解する -プレイリストに入るためには?
参考3:【コラム】Spotifyプレイリストのフォロワーを増やす方法 -コンセプトと更新と外部流入の確保がキモ-
参考4:【コラム】楽曲の配信登録(デリバリー)には細心の注意を払うべき

このあたりをしっかり対応していないと、広告を通じてアーティストに興味を持ってくれたリスナーがファン化する前に離脱してしまう可能性が高くなってしまいます。穴の空いたバケツに水を流してしまわぬよう、事前の対策をサポートさせていただいております。

3:最後に

最後に弊社の近況について簡単に書かせていただきますが、ありがたいことにお取引いただける会社さまが増えているため、4月にはじめて正社員を雇用しました。今年中・来年にも採用を予定しています。稼働量の増加に伴ってクライアントに迷惑をかけないよう、体制を整えることに全力を注いでいますので、今後ともGerbera Music Agencyをよろしくお願いいたします。

▼▼▼

参考:GMAは創業5周年を迎え、過去最高益となりました

弊社のサービス資料をご希望の方はお手数おかけしますが以下のページからお問い合わせをお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdkCBdxKLPb0dzuCXz5ciikzfZ-Wyc-sOIcKDn5-yGkiQr1hA/viewform

■弊社に関する情報は主に以下Twitterから発信しています
Gerbera Music AgencyのTwitter(@GMA_Tokyo)

PlutoのTwitter(@Pluto_playlist)

代表者のTwitter(@konno108)