前回の流れはこちら↓↓
ボカロの作曲やミックスに役立つ:楽曲制作のプロセスを全公開します 1

デモ音源から完成型まで。今回も楽曲制作の過程を公開する対談記事です!

Jeeptaのギタリストchoroさんと、プロのエンジニアの上原さんのやり取りをきっかけにノウハウ/知識/テクニックをぜひ盗んでみてください!

choroさんと上原さん2

おふたりのプロフィール

【choro】

choro (x_choro_x)さん
http://choroidea.com/

2010年、ロックバンドJeeptaのギタリストとしてメジャーデビュー。インディーズ時代から幅広く活動し、年間90本以上のライブを敢行。

ROCK IN JAPAN FESをはじめとする大型フェスにも多数出演。

独特なライブパフォーマンスに定評があり、ブルース、ロックを基礎として生み出されるペンタトニックフレーズは多彩。

【上原翔】

ShoUehara (upopo_sho)さん
http://shouehara.wordpress.com/

Recording / Mix / Mastering Engineer

2004年、レコーディングエンジニア目指して上京。
2005年、HAL Studioに入社し、DJ KrushやSPANOVAから、Superflyや西野カナなど、幅広いジャンルのセッションワークに数多く関わり、エンジニアリングを学ぶ。
2012年、HAL Studioを退社。
2013年、フリーランスとなり活動を始める。

それでは対談に進みます!

-上原

上原さん2
ありがとうございます!

前に送ったRough1(前回記事参照)ではボーカロイド以外の編集はほとんどしていないです!

こちらでボーカロイドのオーディオデータから編集した事は、人間って音程を取る時に、ほんの一瞬音程を探る動作があるんですが、それを人工的にオートチューンでピッチ編集して真似てみたりビブラートを作ったりしてます。

今後ボリュームやEQのオートメーションを書いて、もう少し追い込む事は可能かと思います。おおよそ僕がやるとこんな感じですね!

それで、choroさんからもらったMIDIデータからドラムの音色を差し替えたのと、再度ボーカロイドを調整してみたので送りますね。

一応、雰囲気が分かるようにラフにミックスしてます。

ドラムの音色差し替えをやってみたらchoroさんの打ち込みがうまく出来ていたので、それなりに生っぽく良い感じになったんじゃないかと思います!

現状不自然なところはあるので、ミックスを進めながら調整していこうかなと。

ベースはMIDIデータから差し替えてみても曲調に合う音色がなかったので、結局オーディオデータでもらったベースが良かったのでそれを使ってます。

現状ベースに薄くリバーブっぽいのが掛かってるのですが、そのリバーブ感ってそちらで取れますか??

-choro

choroさん2

聞きましたー!
いい感じですね!
てか、一緒に作るって楽しいですね!どんどん、イメージが膨らんできます!

ベースについてですが、送ったオーディオデータはアンプシュミレーターとコンプが掛かっていたようなので、何もエフェクトが掛かってない状態と、アンプシュミレータを掛けたもの2つを送ります!

ところでハモリとか必要ですかね?
このあたりにハモリが欲しいってのがあれば、それもボーカロイドで打ち込んで送りますー!

-上原

上原さん2

ハモリパートはどうでしょう。
現状の1本でも力強くて良い気がしますが、もし入れるとしたらBメロの5小節目からウーアー系でだんだん上がっていくような和音でのコーラスと、サビ全編に1本3度上くらいの字ハモがあればこちらで抜き差し出来るかなと。

実際良くなるかは入れてみないと分かりませんが、作っておいてもらっても良いと思います!

ベースはアンプシュミレーターが掛かってる方が良かったので、そちらを使いますね!

-choro

choroさん2

ベースの件、了解しました!

それで、ハモリパート出来たので送りますー!軽く合わせてみてなかなか難しかったので、何パターンか作ってます。

サビも要望あったように全編作ってみました!

入れる、入れない、抜き差しに関してはお任せしますので宜しくお願いしますー!

-上原

上原さん2

ハモリパートを入れて、ベースを差し替えてラフミックスしたものを送りますね!

サビの字ハモはこちらで抜き差ししたのと、バランスとしてはうっすら入れて、声に倍音を足すようなイメージで使っています。

ドラムとボーカロイドの調整もさらに進めています。

やっぱりハモリパートはあった方が良さげですね!

-choro

choroさん2

音源確認しましたー!
このくらいさりげなくハモリが入ってる感じがいいですね!

ところで、Rough3ってRough2とミックスの感じも変えてます?ボーカルの抜けはいい感じですが、Rough2のミックスのほうがなんとなく好きです。

-上原

上原さん2

ボーカロイド曲という事もあってRough3では多少ポップス方向に寄せてみたのですが、

Rough2の方が良いという事は、たぶんもっとバンドサウンドっぽい荒々しい感じの方が良さそう?ですね。

-choro

choroさん2

はい、その方向でいきましょう!
では、曲の方向性はまとまったので、次はギターのレコーディングですね!宜しくお願いしますー!

-上原

上原さん2

よろしくお願いします!

最後に

いかがでしたでしょうか?

次回はこのやり取りの続きで、
ギターの録音とラフミックスについての対談を収録します。

今後の更新情報をキャッチしたい方は下記のFacebookページをフォローしてみてください。

よろしくお願いします!

【追記】

続編書きました!↓↓
ギターのレコーディングのコツとは?楽曲制作のプロセスを全て公開します 3